子育てには立派なマイホーム

注文住宅を立てる際に失敗したこと

・コンセント及びインターネット配線の位置
コンセントの位置は一番困りました。住宅メーカーからは数カ所(5箇所程度)は基本の金額に含まれていますと説明され、その数に合わせてコンセントの配置をしましたが、実際に住んでみると全く足りませんでした。特にキッチン周りにコンセントを配置しておらず、炊飯器、電子レンジなどで埋まってしまいました。泡立て器など使う際に、コンセントがなく、別の場所(リビング等)などでやらざるおえなくなりました。コンセントを配置する際には、実際に住んでみたことをイメージして配置した方が良いです。また、ハウスメーカーが無料(数カ所)分で十分ですと言いますが、必要だと感じたら多めに配置しましょう。
インターネットの配線に関しても、元々テレビを置く予定の位置が急遽変更となり、ひかりTV等のインターネットテレビを利用する際にテレビとインターネット配線の位置が離れてしまい、10メートル以上のLANケーブルを使用して無理やり繋げるしか方法がありませんでした。無線LANを用いれば問題なく使えると考えていましたが、配線は必ず接続する必要があるので注意が必要です。