子育てには立派なマイホーム

大きな窓は外気の影響を受けやすい

実家のリビングルーム(というより、昔ながらの居間)は、日当たりが悪く、曇りの日は電気を付けなければいけないほどだったので、日当たりのよい明るいリビングに憧れていました。自宅を建てる際は、リビングルームは南向きにしたかったのですが、どうにも難しく、東向きとなりました。そこで、少しでも明るくするために、掃き出し窓にして、幅も1間半にしました。庭にもすぐに出られるので便利で明るく気に入っているのですが、冬が近づいてくると、予想外のことが起こりました。それは寒さ。
窓が大きいと外気の影響も大きく、マンションに住んでいた時と比べると、かなりの寒さを感じるのです。寒がりの私は、窓側の椅子に座っていると、背中の方からじわじわと寒さを感じるほどです。明るい部屋は、日差しが入るので暖かいだろうと思っていたので、全くの予想外でした。暖房費もかかります。
また、細かいことですが、1間半の窓用のカーテンは、通常の幅よりもかなり高くなってしまうので、気を付けた方がよいと思います。